無料ブログはココログ

リンク

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年 東山花灯路

<3月17日・木>

北陸でボンネットに出会って一度帰宅してから、3月13日(土)~22日(月)まで東山で開催されている

2010年 東山花灯路』へ

Dsc_0015

北は、青蓮院から始まっているので北からスタートすることに

Dsc_0003_2

智恩院の壁に写し出された、サクラ

Dsc_0006

智恩院もライトアップ

Dsc_0012

円山公園内の小川には・・・

幽玄の川と題して、竹にロウソクを入れてほのかな灯りをかもし出している

Dsc_0021

Dsc_0026

大学生による、創作灯篭も・・・

Dsc_0028

Dsc_0035

灯篭と円山公園の枝垂桜

Dsc_0046

ねねの道を通り、石塀小路へ

Dsc_0050_2

CMなどでもお馴染みの光景・・・

Dsc_0070 Dsc_0072

階段の上から望遠で・・・

Dsc_0087

二年坂を通り、八坂の塔へ

Dsc_0091_2

ポスターにもなっている場所

Dsc_0098

家の前にこんな灯篭もありました

Dsc_0108_2 

八坂の塔をバックに、東山通りへ

Dsc_0112

点灯時間は、18:00~21:30までなので、夜間拝観をされる方は、時間配分を考えてあるいてくださいね

今回、撮影に時間を取り過ぎた為、夜間拝観はしていませんのであしからず

今日の撮影

<3月17日・水>

今日は、東京メトロ1500系東西線の甲種回送があるので、撮影に行く事に・・・

朝の6時に家を出て、滋賀県の醒ヶ井へ

Dsc_0014

近江長岡で停車があるので・・・先回り

Dsc_0034_2

もう一つ、今日は新潟の485の団体臨時列車が走るので北陸線の新疋田へ

新疋田に行くと・・・遅れいた日本海が通過

Dsc_0065

新潟の485だと思っていたら・・・なんと代走が

能登編成の489系が

Dsc_0076_2

能登から定期運用を離脱して、どうなる事かと思ったが・・・こんな所で出会えるのとは、サプライズだよ!!

また、今度も出会えるかな??

夜の大阪駅へ

<3月11日・木>

昼間の撮影後、一旦家に戻り、夜の出撃へ準備をして、大阪駅へ

雷鳥37号

Dsc_0001

日本海

Dsc_0008_2

撮影後、次の雷鳥まで時間があるので、阪神百貨店のフードパークで姫路駅のえきそばを食べるが・・・少し本家と味が違うような

北近畿18号

Dsc_0030

雷鳥47号

Dsc_0040_2

Dsc_0056

はまかぜ6号

Dsc_0066

3月13日のダイヤ改正で廃止

能登 2010年2月18日・高岡駅で撮影

Dsc_0027 

北陸 2007年2月21日・大宮駅で撮影

Dsc_0089

ダイヤ改正の度に、新しい駅や列車が出来る一方で、時代遅れの列車は去っていく

さよなら 能登・北陸

久しぶりの山崎

3月13日(土)のダイヤ改正で大阪~金沢を結ぶ、雷鳥が1往復に減便され、平日には6連運用になるので、最後の9連を撮影しに行ってきました

<3月11日・木>

どこで撮影しょうと考えていたが、初心に戻るという意味で山崎のカーブへ

ここへ来るのは、廃止になった『なは・あかつき』以来だ

いつの間にか、フェンスが出来ていたよ

置き換えの決まった はまかぜ1号送り込み

Dsc_0012

送り込み 雷鳥

Dsc_0031

雷鳥8号 

Dsc_0060

雷鳥13号

Dsc_0093

雷鳥17号

Dsc_0133

雷鳥16号

Dsc_0012_2 

他にも・・・

スーパーはくと

Dsc_0008

スーパーくろしお

Dsc_0049

EF81の貨物

Dsc_0086

Dsc_0122

約2時間ちかく遅れてきた 寝台特急日本海

Dsc_0031_2

日本海を撮影して、撤収しましたよ

続きへ

17日間の熱き冬の戦い

<3月1日・月>

今日から3月ですね!!

2月13日からカナダのバンクバーで開催されていた、冬季オリンピックも閉幕しましたね

夏に比べると、盛り上がりに欠けますが・・・

選手達は日頃の成果を出し、満足の結果が出た人も居れば、悔いが残った人も居ますね

2月14日に、女子モーグルにメダルを期待された、上村愛子が登場しましたが、悪天候の中、果敢に攻めながらも4度目の正直にはならず、4位の結果に

彼女にとって、五輪は運も実力も味方につけないとダメですね!!

2月16日に、スピードスケート男子500mで2つのメダルを獲得

銀メダル 長島 圭一郎

銅メダル 加藤 条冶

一本目で好位置につけた、二人は二本目の滑走でも果敢に攻めて、今大会初のメダル獲得になった

2月19日に、男子フィギュアで初となるメダルを獲得

銅メダル 高橋 大輔

大怪我からの復活劇 17日に行われたSPで3位に付け、フリーでもしっかりと滑りきり、笑顔の演技を披露

初の五輪となった織田信成は、SPで4位に入るもの、フリーの演技の途中に靴紐が切れるアクシデントに見舞われ、悔いの残る演技に・・・こればっかりは、難しいものだ

今大会、スピードスケート界に15歳の新星 札内中の高木 美帆選手が女子1000m・1500mに出場するも、世界の壁を痛感する結果に・・・でも将来が楽しみですね

2月23日に、過去には、日の丸飛行隊として長野や札幌でメダルを取っていたスキージャンプも団体の5位が最高に・・・復活してメダルを取って欲しいですね

2月26日に、注目の女子フィギュア  

銀メダル 浅田 真央

真央ちゃんとキム・ヨナは小さい時からのライバルで常にお互いを意識して演技していたが・・・SPで2位に付けるも、1位の位置にはキム・ヨナが

フリーでは、真央ちゃんの前でキム・ヨナが228.56点の女子世界歴代最高得点の演技で、目に見えないプレッシャーを与え、得意の3回転半を2度成功するも・・・演技中盤でミスをしてしまい205.50点の高得点をたたき出すも・・・2位に

演技終了後の金メダルを取れなかった悔しさの中インタビューを受けている姿は、酷でしたね

2月28日、女子団体追い抜き

銀メダル (小平 奈緒・田畑 真紀・穂積 雅子)

個人では、後一歩のところで、メダルには届かなかったが、決勝に進んだ日本は、ドイツと対戦となり、リンクを6周するところ4周目までは日本がリードをしていたが徐々に差を縮められて、ゴール前では僅差の勝負になり、0.02秒差で2位に

熱き17日間の大会は幕を閉じましたが・・・

選手の皆さん感動をありがとう そしてお疲れ様です

今回、果たさなかった悔しさは4年後のソチ大会でリベンジを果たして欲しいですね

 バンクーバーオリンピック

金メダル 0個 銀メダル 3個 銅メダル 2個 

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »