無料ブログはココログ

リンク

« 3連休 最終日 | トップページ | 久しぶりの山崎 »

17日間の熱き冬の戦い

<3月1日・月>

今日から3月ですね!!

2月13日からカナダのバンクバーで開催されていた、冬季オリンピックも閉幕しましたね

夏に比べると、盛り上がりに欠けますが・・・

選手達は日頃の成果を出し、満足の結果が出た人も居れば、悔いが残った人も居ますね

2月14日に、女子モーグルにメダルを期待された、上村愛子が登場しましたが、悪天候の中、果敢に攻めながらも4度目の正直にはならず、4位の結果に

彼女にとって、五輪は運も実力も味方につけないとダメですね!!

2月16日に、スピードスケート男子500mで2つのメダルを獲得

銀メダル 長島 圭一郎

銅メダル 加藤 条冶

一本目で好位置につけた、二人は二本目の滑走でも果敢に攻めて、今大会初のメダル獲得になった

2月19日に、男子フィギュアで初となるメダルを獲得

銅メダル 高橋 大輔

大怪我からの復活劇 17日に行われたSPで3位に付け、フリーでもしっかりと滑りきり、笑顔の演技を披露

初の五輪となった織田信成は、SPで4位に入るもの、フリーの演技の途中に靴紐が切れるアクシデントに見舞われ、悔いの残る演技に・・・こればっかりは、難しいものだ

今大会、スピードスケート界に15歳の新星 札内中の高木 美帆選手が女子1000m・1500mに出場するも、世界の壁を痛感する結果に・・・でも将来が楽しみですね

2月23日に、過去には、日の丸飛行隊として長野や札幌でメダルを取っていたスキージャンプも団体の5位が最高に・・・復活してメダルを取って欲しいですね

2月26日に、注目の女子フィギュア  

銀メダル 浅田 真央

真央ちゃんとキム・ヨナは小さい時からのライバルで常にお互いを意識して演技していたが・・・SPで2位に付けるも、1位の位置にはキム・ヨナが

フリーでは、真央ちゃんの前でキム・ヨナが228.56点の女子世界歴代最高得点の演技で、目に見えないプレッシャーを与え、得意の3回転半を2度成功するも・・・演技中盤でミスをしてしまい205.50点の高得点をたたき出すも・・・2位に

演技終了後の金メダルを取れなかった悔しさの中インタビューを受けている姿は、酷でしたね

2月28日、女子団体追い抜き

銀メダル (小平 奈緒・田畑 真紀・穂積 雅子)

個人では、後一歩のところで、メダルには届かなかったが、決勝に進んだ日本は、ドイツと対戦となり、リンクを6周するところ4周目までは日本がリードをしていたが徐々に差を縮められて、ゴール前では僅差の勝負になり、0.02秒差で2位に

熱き17日間の大会は幕を閉じましたが・・・

選手の皆さん感動をありがとう そしてお疲れ様です

今回、果たさなかった悔しさは4年後のソチ大会でリベンジを果たして欲しいですね

 バンクーバーオリンピック

金メダル 0個 銀メダル 3個 銅メダル 2個 

« 3連休 最終日 | トップページ | 久しぶりの山崎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事